PCMを学んでコミュニケーションを円滑に

皆さんはPCMという心理学モデルをご存じでしょうか。PCMは心理学に基づいたコミュニケーションモデルであり、人間を6つのパーソナリティタイプに分けて、その特徴を端的にまとめている心理学モデルです。このPCMを用いることで、お互いの性格を理解することに繋がり、お互いのミスコミュニケーションを減らすことができるとされています。
PCMの6つのタイプは具体的に「心情・感受性」「反応・ユーモア」「意見・価値観」「思考・論理」「内省・想像性」「行動・競争心」に分けられています。
「心情・感受性」は人の気持ちを思いやり、人間関係の調和を大事にするタイプです。「反応・ユーモア」は好き嫌いがはっきりしており、豊かな創造力と鋭い直感が特徴で、「意見・価値観」は自分の信念によって行動するので観察力に優れているとされます。「思考・論理」は計画性と合理性を重視し、根拠を用いた会話を得意とします。「内省・想像性」は内省的で常に自分を高め続けることができる人です。最後に「行動・競争性」は考えるよりも行動を重視し、チャレンジ精神と行動力が特徴です。
たしかに身の回りの人々がこれらのタイプに分けられる気がしてきませんか?PCMはコミュニケーションを円滑にする道具ですから、知っておいて損はないと思います。ミュゼ 初めて 予約